☆ FD3S用 ミッションマウント取り付け説明 ☆

FD3Sのミッションのシフトフィールを良くします!!
ゴムブッシュを使用していますので、不快な音やボディへの攻撃性が
とても少ないです☆(ミッションのカバーも普通に装着出来ます)

FD3S全年式に装着できますが、エアポンプの配管が邪魔ですので
触媒ストレート車、エアポンプレス車用です。
エアポンプの配管をずらせれば装着可能です。
(上写真のゴムブッシュの位置をエアポンプ配管が通るため)



※この商品の生産は終了いたしました※


FD3Sにはミッションマウントがありません。
パワープラントフレームが、ミッションマウントとデフマウントの代わりをしています。
ですが、強度が不足しているため、パワープラントフレームに亀裂が入ったり
シフトフィールが悪かったりします。
FD3Sミッションの気持ち良いシフトフィールを追求&研究する
FD3Sミッションクラブはこちら!


さらに、FD3Sはエンジンマウントが、ほぼ並列についていますので
左右方向にも弱いです。


(レシプロエンジンは傾いてエンジンマウントがあります。)

下の写真の様に、試しにゴムブッシュを抜いてみました。

スポーツ走行やドリフト走行などで
2速から3速にシフトアップした際に、5速に入ったりします。
これはシフトアップが下手なのでは無く、3速の位置に5速が来るほど
ミッションとエンジンが揺れ動くからです!!
ホントにそんなに動くの??と思うかもしれませんが、
ベストモータリングのガンさんの高速スラロームの
車積映像を見ると、シフトノブが、左右に4センチ近くも動いてしまっています!!
ミッションマウントと、当方商品の「エンジントルクダンパー」との組み合わせで
さらに良いシフトフィーリングをお楽しみ下さい!!

それでは、取り付け説明へGO!